ブラックジャックのルール

ライブブラックジャックのルール

ブラックジャックというと、心理戦・頭脳戦が繰り広げられるような難しいものをイメージする方もいるかもしれません。しかし、カジノではディーラーに意志決定の権利はなく、ライブブラックジャックのルールは実はとてもシンプルなのです。ライブカジノのブラックジャックでは複数のプレイヤーと同時にプレイをしますが、こちらも他人と勝負をするわけではありません。

ライブカジノに興味はあっても、リアルタイムで実物のディーラーとプレイする事に躊躇しているブラックジャック初心者でも、基本のルールさえおさえておけば楽しくプレイできます。それでは、どういったルールでゲームが進行していくのか見て行きましょう!

カジノシークレット

ブラックジャックの基本ルール

ラブブラックジャックのルール

ブラックジャックの勝利条件は非常にシンプル。配られたカードでディーラーと勝負して、合計が21に近い方が勝ち!というものです。しかし、21を超えてしまった場合は「バースト」と言って敗北扱いとなってしまいます。そのため、プレイヤーはカードの合計を21に近づけながらも、それを超えないように調整するのが勝負のポイントです。

カードの数え方

まずは、トランプの数え方について覚えておきましょう。2~10までの数字はそのまま数えますが、J~Kまでの絵柄はすべて10として見なします。11~13といった数え方にはならないので注意してください。そして、最も特殊な数え方をするのがAです。Aは1としてカウントすることも出来ますが、11と数えることもできます。

例えば、最初に配られたカードが絵柄の10とAだった場合、Aは11としてもカウントできるため合計を21として「ブラックジャック」を成立させることが可能です。逆に、3枚以上引いている途中にAを引いた場合、11と数えるとバーストする恐れがあるため1として数えることができます。

ビットカジノ

基本的なアクション

ゲームのはじめに、プレイヤーとディーラーにはそれぞれ2枚のカードが配られます。その後、プレイヤーはさらにカードを引くかどうかを選択することが可能です。ブラックジャックの用語としては、合計を21に近づけるためにカードを引くことを「ヒット」、引かない選択を取ることを「スタンド」と言います。21を超えると「バスト」と言ってその時点で負け。バストするまで引き続けることができるので、どこでスタンドするかの判断が重要です。


なお、プレイヤーの選択が終わったら次はディーラーのアクションとなりますが、ライブカジノではディーラーに意志決定する権利はありません。基本的にディーラーは「17を超えるまで引き続ける」というルールが採用されており、それに則ってゲームが進行します。もちろん、ディーラー側も21を超えればバーストで敗北扱いです。

その他アクション

ライブブラックジャック アクション

プレイヤーは、基本アクションである「ヒット」「スタンド」以外にも、様々な選択肢が用意されている場合があります。可能なアクションの種類はテーブルによって異なるので、あらかじめどのようなものがあるかチェックしておきましょう。

ダブルダウン

掛け金を2倍にして勝負に出たい時に選択するアクションです。ただし、追加で引けるカードは1枚のみとなるので、最初に配られた2枚の時点でかなり良い状態でなければなりません。ここぞというタイミングでのみ使いましょう。

スプリット

ブラックジャックのスプリットとは、配られた2枚が同じカードであった場合、追加ベットを行うことで、それぞれ別に分けてゲームを進行することができます。例えば、2種類の数字としてカウントできる汎用性の高いAは強いカードですので、スプリットが特に有効になります。

インシュランス

Aが強いカード、と言うことは相手に出されると厄介な存在でもあります。ディーラーのアップカードにAが見えている場合には、インシュランスによって保険をかけることが可能です。追加で保険料(チップ)を支払うことによって、万が一負けた場合でもベット分を取り戻せます。ただし、支払った保険料は返ってこないので乱用は避けましょう。

ブラックジャックのサイドベット

ブラックジャックには、メインの勝負の他に特定の条件でベットできるサイドベットがあります。➡ブラックジャックのサイドベットについて

まずはヒットとスタンドを覚えよう

ライブカジノのブラックジャックでも、様々なアクションを採用した台が用意されています。それぞれの台によってアクションの種類や細かいルールも違ってくるので、前もってチェックしてから入室しましょう。初心者の内は「ヒット」と「スタンド」を覚えておくだけでもプレイに支障はありません。

以上のようにブラックジャックのルールはとてもシンプルなので、比較的に挑戦しやすいカードゲームと言えます。気軽に挑戦して見ましょう!

ラスベガスのカジノディーラーが教える ブラックジャックのルールと遊び方

ライブブラックジャックのルール Q&A

❓ ライブブラックジャックのルールは難しい?

ブラックジャックのルールは実はとてもシンプルです。詳しくはこのライブブラックジャックのルールのページをご覧ください。

❓ ブラックジャックには用語はたくさんある?

カジノのブラックジャックにはいくつかの用語があります。ヒット=カードを引く、スタンド=カードを引かない、まずこの2つさえ理解していれば大丈夫です。

❓ 21を超えて負ける事をバースト?バスト?

ブラックジャックで21を超えて負ける事を”bust”と言いますが、英語の発音だと「バスト」が近いですが、日本では「バースト」という言い方が一般的に浸透しています。

❓ ブラックジャックでエースの扱いは特別?

エース(A)はブラックジャックでは特別なカードで、1とも11ともカウントできます。

❓ ライブブラックジャックに必勝法はある?

ブラックジャックはギャンブルなので必ず勝てる方法というのはありませんが、確率に基づいて勝率を上げるのに役立つのがベーシックストラテジーという攻略法です。