working_a_casino-min

カジノを仕事にするカジプロとは?

カジノを仕事にしている人は日本では少ないです。しかし、海外にいくとカジノを仕事にしている人がいます。日本ではパチンコやパチスロを仕事にしているパチプロと呼ばれる人々がいますが、カジプロとはラスベガスやマカオのカジノやオンカジで稼いで生計を立てている人、ということになります。

カジノの場合はパチンコやスロットと違い、勝利金が莫大な金額になる事が可能です。カジノにはゲームごとに大会なども開催されている事もあります。カジノの大会ではポーカーの大会などが世界的にも有名です。大きな世界的なポーカーの大会では億単位で賞金が出ます。また、数あるギャンブルゲームの中でも、カジプロが好んでプレイするゲームがあります。ここでは、カジノを仕事にしているカジプロについて紹介していきたいと思います。

カジノシークレット

カジプロとは?一体どんな人達なのか

リアルマネーカジノで生活費を稼いでいる人をカジプロという定義が一般的です。しかし、カジプロには正確な定義がありません。なので、カジプロになるためには年間何万円以上稼がなくてはいけないということはありません。しかし、カジノで生活費を稼ぐとなると年間で500万円以上は欲しいところです。

また、カジプロというとカジノだけでお金を稼いでいる人のことを指していましたが現在はカジノ関連の事業で稼ぐ人も増えています。カジノでは生活費を稼ぐまで賞金を稼ぐことができていなくてもカジノに関連した動画をYouTubeにアップロードしたり、ブログの記事にしてアフィリエイト収入を得ている人も多数います。

カジプロの収入源

カジノを仕事にしているカジプロの収入源が主に大会になります。カジプロの方はポーカーなどの大会に参加することになります。この大会に参加することでランキングに掲載されることになります。カジノの世界にはスポーツのように世界ランキングがついています。

このランキングが上位の人は年間で何億円という金額を大会のみで稼いでいます。また、カジプロの人は大会参加だけではなく、普段のカジノでも稼いでいます。カジプロの方は大会と普段のカジノの二つで儲けていることになります。

カジノシークレット

カジプロになるためは

カジプロになるためにはどのようにしたらいいのかわからない人も多いと思います。カジノで生計を立てるためには最初に自分なりのテクニックを持つことが必要になります。自分なりのテクニックを持つことで周りの人と差別化を測ることができるようになり稼ぎやすくなります。また、カジプロになるためには最初にある程度資金を持っている必要があります。カジノで生計を立てるためにはある程度の投資を最初に行う必要があります。実際に、カジプロとして活躍している方はカジノ以外の事業で成功しており金銭的に余裕のある方や最初からお金を持っている人が多いです。

カジプロが好むギャンブルゲームとしては、オンライン カジノ ブラックジャックが還元率が格段に高い事と、運任せだけでなくプレイヤーの判断が勝負に影響する事から、人気があります。またカジプロとしてスキルを磨けば磨くほど勝率が上がるテキサスホールデムポーカーも、プロが世界中にたくさんいます。

世界で活躍するカジプロ

カジノを仕事にしている人は日本にも多くいます。これらの人は海外の大会に参加したり海外のカジノで稼ぐことで生計を立てています。ここでは、カジノを仕事にしているカジプロの人を紹介していきます。

横沢真人氏

横沢氏は現在日本で最も有名なカジノプレイヤーの一人です。横沢氏はいままでのカジプロの方とはことなりカジノの腕だけで有名になったのではなく、カジノをしているところをYouTubeなどに配信しているYouTuberだからです。横沢氏はポーカープレイヤーとして主に活動しており、アジアのカジノではなくアメリカのカジノを中心に活動をしています。しかし、ラスベガスのカジノに行ったところあまりにも勝ちすぎてしまったので出禁になってしまいました。その後は世界各国のカジノに行ってカジノでの必勝法や世界の大会の様子などをYouTubeで配信しています。

和田史久氏

和田さんはもともとはカジノではなく柔道で有名な選手でした。しかし、柔道でオリンピックに行くことができない事がわかり、方向転換をして不動産業を興します。この不動産で和田氏は莫大な利益を得ることができ、ここで稼いだ資金を元手にカジノに参入しました。和田氏のようにもともと他の事業を行っていたが事業に成功してお金が余っているのでカジプロになるという人は多いです。カジノは初心者のころは全く勝つことができません。なので、カジプロになるためには最初にある程度のお金が必要になります。なので、カジプロになる方には最初にある程度お金を持った状態で参入する人が多いです。

柏木昭男氏

柏木昭男氏は1990年ごろに世界的に有名であったカジノプレイヤーです。柏木氏は主にラスベガスのカジノを中心にして活動を行っていました。トランプ氏が経営するカジノで2度のバカラ大勝負をし、あのトランプ氏を恐れさせた日本人として有名です。

当時はインターネットなどもなく、世界的に有名になるには口コミしかなかったのですが柏木氏はラスベガスのみではなく他の国を含めた世界各国のカジノで恐れられる存在でした。カジノを負かすようなプレイヤーを当時のカジノは恐れており、柏木氏は知名度だけで入ることができなかったカジノ場もあったほどです。いかに柏木氏が世界的に名の知れたカジノプレイヤーであったかが分かります。

森巣博氏

森巣氏も1990年ごろに有名であったカジノプレイヤーの方です。森巣氏は日本で生まれ日本で育ちました。しかし、成人になり海外へ出ることになり、その中で森巣氏が永住した国がイギリス。イギリスには実はカジノ場があります。ここで森巣氏はカジノにどハマりしてしまいイギリス人の奥様とイギリスで生活しながら、毎日のようにカジノでプレイを行なっていました。森巣氏はカジノの中でもポーカーを中心にプレイをしている方で最終的にはカジノで勝ったお金だけで奥様を養っていました。

新井 乃武喜氏

新井氏は比較的最近有名になったカジノプレイヤーです。新井氏も最初はカジプロではなくひとりの学生でした。しかし、一度ラスベガスのカジノに行ったところ大勝、カジノプレイヤーになることを決意します。新井氏はカジプロが一般的に好んで行うポーカーではなくブラックジャックを中心に行っています。新井氏はブラックジャックを行なっていく上で絶対に勝つことができる方法を編み出し、これを元にカジプロとして収入を得ています。

カメル・ナジフ氏

カメル氏はメキシコの有名なビジネスマンの方です。カメル氏は主にバカラを中心にプレイして生計を立てていました。一回のゲームで何千万円という単位でお金をかけていることから、ラスベガスを中心にアメリカ各地のカジノでは有名な人物でした。

フィル・アイビー氏

フィル氏は若いカジプロで、主にポーカーで生計を立てているポーカープロ。このフィル氏が世界的に有名になったのは彼のカジノの業績ではありません。フィル氏はカジノの賞金で自分の生活に困らない分を残して寄付しています。このように人間的にできているところがメディアに取り上げられたことで彼の業績も注目され、有名なカジプロになりました。

カジノプロの動画

フィリピンで活躍するカジプロの方の動画(Showtime ChannelスキピンさんのYoutubeチャンネルより)

【カジノ生活】セブ島で99%勝てるカジノプロギャンブラーになりました2020年3月【Part-1】#2020-11

カジプロ Q&A

❓ カジプロとはどういう人達?

カジノでゲームをしてその収入で生計を立てているカジノのプロのこと。

❓ 日本人にもカジノプロはいる?

います。職業としてはやはり運よりもスキルがものを言うポーカープロが多いです。世界大会で高額賞金を獲得している日本人プロもいます。

❓ カジプロになるには?

カジノゲームの多くは運が結果を左右するものが多いですが、プロとして収入を得るにはポーカー等の自身のスキルで勝率を上げる事が出来るゲームの達人になる事から始めましょう。

❓ パチプロとカジプロはどちらが稼げる?

どちらが稼げるかは一概には言えません。カジノゲームは運が良ければ一気に大金を稼げる可能性がありますが、安定した収入を得る事には向きません。パチンコ・パチスロはプレイヤーの設定を判別する目利きなどによってカジノよりは運の度合いが減少しますが、稼げる金額に限度があります。

❓ 日本人で有名なカジノプロと言えば?

カジノプレイのYoutuber、世界的に有名なハイローラーなど有名なカジプロをこのページで紹介しています。

まとめ

世界にはカジノだけで生計を立てている人が多くいます。また、日本人にも海外のカジノを中心に活躍しているカジノプレイヤーの方が多くいます。カジプロになるためには精神をいつでも冷静に保つことができるメンタル面と自分なりの成功のための方程式が必要になります。しかし、この二つを持っていることでカジプロになることができる確率は大きく上がります。